抜け毛対策に必要な「糖質対策」

 「抜け毛対策に糖質制限」「抜け毛を予防したいなら、糖質の摂取を控える」と聞いたことがあるかもしれません。しかし、これは本当でしょうか?そもそも、どうして糖質を制限しなければいけないのでしょうか?その真偽について、ご紹介します!

「糖質の抜け毛の原因」か?!

 「抜け毛を予防するには、糖質を控えた方が良い」という論理の根拠は、糖尿病予防のためでしょう。 糖尿病とは、血液中のブドウ糖濃度が高くなり、慢性的な高血糖状態になるもの。この「慢性的な高血糖」の状態は血管へダメージを与えるため、血管を脆くて弱いものにしてしまいます。そして、細い血管ほど傷つきやすくなるため、「頭皮を走る血管もダメージを受ける→毛乳頭・毛母細胞へ栄養が行き渡らなくなる→抜け毛が増える・髪質も細く弱くなる」になると考えられます。

 しかし、これは糖尿病の状態になったとき。1回の食事が高カロリーであったり、少し甘い物を食べたりしただけでは糖尿病になることはありません。 日ごろの生活習慣が「高カロリーのものを食べている」「運動習慣がない」「肥満傾向である」を招くと、糖尿病のリスクもあがり、抜け毛の原因にもなるのです。

抜け毛対策に、糖質制限をした方が良いのか?

 先にも書いたように、糖質を摂ることが抜け毛の直接的な原因になるわけではありません。むしろ糖質だけではなく、「○○の摂取を制限する」といったことは栄養バランスを崩しかねず、抜け毛の原因にもなったり、髪質にも悪影響を及ぼします。あえて糖質だけを制限する必要はありません。

 また、糖質を制限したとしても、タンパク質や脂肪を摂取すれば、それが分解されてブドウ糖へ作りかえられます。つまりタンパク質や脂肪から糖質が作られてしまうのです。これでは糖質摂取を制限する意味がありませんね。
 大切なことは、食事全体の栄養バランスを考えること。糖質を制限しても摂取カロリーが多すぎると糖尿病にもつながるため、必要なカロリー内で糖質・タンパク質・脂質をまんべんなく摂ろうと意識することが抜け毛予防に最も有効な方法といえるでしょう。そして更に上を行く方は、ビタミン類などにも留意できれば、摂取した糖質・タンパク質・脂質を上手に代謝することができ、「毛髪生成にベストなカラダ作り」が可能になるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ