髪の原材料、“タンパク質”摂取を意識せよ!

 毛髪の主成分はタンパク質です。ひとくちに「タンパク質」といっても、構成するアミノ酸により組成がそれぞれ異なり、毛髪のタンパク質は「ケラチン」という種類のものです。このケラチンは皮膚の表面を構成しているものでもあり、このケラチンがあることで皮膚は乾燥を防ぎ、細菌やウィルスが侵入しにくいバリア機能を保つことができます。
 ケラチンを直接髪に塗っても抜けにくい丈夫な髪になるわけではなく、食事からケラチンの材料になるアミノ酸を摂取する必要があります。では、丈夫な髪を生成し、育てるには、どのような食事を摂れば良いのでしょう?

ケラチンは18種類のアミノ酸から成る

 ケラチンは18種類のアミノ酸から合成されます。アミノ酸のうち、体内では合成できず、食べものから摂らなければならないものを「必須アミノ酸」と呼んでいますが、ケラチンを合成するアミノ酸18種類のうち、実に半数の9種類が必須アミノ酸です。

 必須アミノ酸を積極的に摂取するには、やはりタンパク質を充分に摂る必要があります。食事で摂ったタンパク質は酵素により小さな単位であるアミノ酸へと分解されます。この小さな単位のアミノ酸は種々のタンパク質の原料となり、様々なタンパク質へと再合成されるのです。もちろん、ケラチンも再合成されるタンパク質のひとつです。

タンパク質は動物性と植物性から

 タンパク質が多く含まれる食品には、肉や魚、大豆があります。肉や魚のタンパク質は「動物性タンパク質」、大豆のタンパク質は「植物性タンパク質」と呼ばれ、それぞれ構成するアミノ酸も異なります。できるだけ多くのアミノ酸を摂取するには、タンパク質の種類も多くする必要があるため、動物性であっても鶏肉・豚肉・牛肉、魚でも多種多様な魚と広く摂るように意識すると良いですね。

 たとえば「鶏肉」といっても、ムネなのか、モモなのか、手羽なのか。「豚肉」といっても、ヒレなのか、肩なのか、ロースなのか。「牛肉」といっても、ヒレなのか、肩なのか、サーロインなのか。それぞれ肉質が異なるように、含まれているアミノ酸も異なります。 また、魚もサンマやアジ、イワシといった青魚もあれば、鯛などの白身魚、マグロやカツオなど種類も非常に多くのものがあります。イカやタコのタンパク質も魚とは異なりますね。大豆に含まれているタンパク質は植物性タンパク質であり、動物性のものと組成が異なります。動物性・植物性、広く多種類のアミノ酸を摂るようにすると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ