抜け毛対策に必須!「ストレス対策」

 現代社会は、これまで人類が経験したことがないほど「高ストレス社会」と言われています。仕事の量と質の両面で高いハードルが設定された結果、ストレスも高まったり、人間関係も良好に築けず悩みがあったり、私たちは日々多くのストレスにさらされています。

 では、抜け毛とストレスはどのような関係があるのでしょうか?そして、対策はあるのでしょうか?

抜け毛とストレスの関係

「ストレス=悪いもの」と考えられがちですが、適度なストレスはやる気や集中力をアップさせ、むしろ必要なものです。ストレスが自分で処理しきれないくらい大きくなった状態、慢性的にのしかかっている状態が心や体の健康に悪い影響を及ぼしてしまいます。

「ストレスがある」=「戦闘態勢」だと考えてみるとわかりやすいでしょう。動物は敵と戦う時、すぐに反応できるように心身を「戦闘態勢」にしておきます。心拍を早め、血管を収縮して血圧を上げ、筋肉は緊張しています。しかし、短時間の戦いであれば戦闘態勢も維持できますが、現代社会では長時間に渡って戦闘態勢を維持しなければならず、当然のことながら疲れが出てしまいます。

 この疲れはエネルギーを消耗したり、代謝を低下させたり、免疫力が低下したり、様々な弊害が生じます。当然のことながら、エネルギーの消耗による余波で毛髪は弱く抜けやすいものに変化し、毛髪が生成されるスピードも落ち、「毛は抜ける。でも生えてこない」という悲惨な状態になってしまうのです。 また、高いストレスの状態では、皮脂の分泌量も増えて頭皮の毛穴を詰まらせたり、ホルモンのバランスが乱れて皮膚(頭皮)のトラブルになったり、額の生え際が後退するタイプの抜け毛につながったりします。

ストレス対策

 抜け毛対策には、自分にかかっているストレスを上手にマネジメントすることが必要になります。まず、何が自分にとってストレスになっているのかを知ることからスタートしましょう。敵を知らねば、戦うことはできません。
 また、ストレスが高まると乱れがちな生活リズム(睡眠時間、食事時間)がバラバラにならないようにすることも大切です。「気分転換」として夜遅くまでインターネットやゲームをしたりすることは、かえって抜け毛が増える原因にもなります。

 そして、身体内でストレスに対抗する物質も日々の食事が原料になります。ストレス対抗物質は、豆腐や納豆などの大豆製品、豚肉や果物等に多く含まれています。「ストレス解消のためにビール!」の時も、つまみには気をつけることでストレスも上手にコントロールし、抜け毛を予防することができますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ