そもそも 「スカルプケア」って、何?

スカルプケアとは、何でしょう?何のためにスカルプ(=毛穴)をケアする(=いたわる)のか?

スカルプケアのその目的とは・・・

①今生えている髪を抜けにくくする
②次に生えてくる髪を太く丈夫にする
③今生えている毛が抜けたら、速やかに次の毛を生やす 、ためです。
女性は洗顔後や就寝前に化粧水や乳液などでお肌の手入れをします。それは、いつまでもツヤツヤでハリのあるお肌をキープするため。それと同様に、あなたの頭皮の毛穴が、いつまでも丈夫で抜けにくい髪を生やし続け、いったん生えた髪が短命で終わることなく寿命を全うするには、毛穴が元気でいられるよう、常にお手入れしなければならないのです。

①毛穴の汚れを取り除く

毛穴には、皮脂を分泌する「皮脂線」や、汗を分泌する「汗腺」があり、常に皮脂や汗は毛穴から外側へ分泌されています。皮脂や汗は双方とも大切な役割を持つものですが、絶えず分泌されている分、こまめに洗い落とさないと弊害も生じます。次から次へと分泌される皮脂や汗は、ひとりでに剥がれ落ちていくわけではないので、分泌された分を取り除かないと、毛穴周囲に盛り上がるようにとどまり、それでも行き場のないものは毛穴から出ることができず、毛穴の中で立ち往生してしまいます。これが「毛穴のつまり」です。

毛穴周囲に溜まった皮脂や汗には細菌が繁殖したり、酸化して変性するため、嫌な臭いの原因にもなります。そして皮脂や汗がつまった汚れた毛穴では、毛髪のもとになる毛乳頭や毛母細胞もダメージを受けてしまい、健康な髪が生えてこないだけでなく、抜けやすくなります。丈夫で抜けにくい髪を生やすには、毛乳頭と毛母細胞をいたわること、つまり毛穴を清潔に保つことが必要なのです。

②血行を良くする

頭蓋骨を覆う筋肉は、背中や首の筋肉とつながっています。現代社会で生活する私たちは、パソコンや携帯電話などの操作を長時間行っていたり、無意識のうちに歯を食いしばっていたり、背中・首・肩だけでな、頭皮の筋肉もこっていることが多いもの。ガチガチにこった筋肉は血行が悪くなり、大事な毛乳頭や毛母細胞への血流にも影響を受けてしまいます。

 スカルプケアは、マッサージやシャンプーなどで頭皮を刺激します。この刺激が頭皮の血行を良くし、毛乳頭や毛母細胞への血液の流れと、血液で運ばれる酸素と栄養を与え、丈夫な毛髪を育てます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ