抜け毛が気になるなら使わない!「整髪料」

 髪のセットに整髪料を使用している方も多いはず。しかしこの整髪料、抜け毛を促進させるということをご存知でしたか?抜け毛を予防したいのなら、整髪料は使用しない方が良いのです。

 では、どうして整髪料の使用は抜け毛を促進させてしまうのでしょうか?「それでも整髪料を使用しないと困る」という方は、どのような対策を立てればよいのでしょうか?

なぜ、整髪料はNGなの?

 まず、もっとも大きな理由は、整髪料が頭皮に付着することで毛穴が塞がれてしまうため。そして、整髪料に含まれている成分が頭皮を刺激して湿疹やかぶれの原因にもなってしまうため。

 毛穴が塞がれてしまうと、毛穴から絶えず分泌されている皮脂が外に出ることができず、毛穴の中で皮脂のつまりも生じます。このことは、毛髪を作り出している毛乳頭や毛母細胞の呼吸を阻害してしまうため、毛乳頭や毛母細胞へ致命的なダメージを与えます。

 また、整髪料に含まれている成分が頭皮を刺激することで、頭皮の炎症を招き、頭皮全体が弱く脆い状態になってしまいます。すると、毛髪は頭皮にしっかりと“根を下ろす”ことができなくなり、抜けやすくなってしまうのです。

どうしても整髪料を使用しなければいけない場合は?

 整髪料といっても、ムースタイプ、ジェルタイプ、スプレータイプなど様々なものがありますが、どれも頭皮と毛髪には一様にダメージを与えると考えて良いでしょう。どのタイプの整髪料も使用しないに越したことはありません。

 ただ、パサつきやすい髪を整えたり、身だしなみのためにどうしても使用しなければいけない場合は、できるだけ毛先につけるようにし、頭皮に付着してしまうのを防ぐようにしましょう。パサつきを予防するためには、髪を固めてセットすることはできませんが、天然のオイルを少しだけ使用してみるのも良いでしょう。

椿油は傷んだ髪を修復する作用もあるため女性にもよく使われています。また深海鮫の肝臓から採取されるスクワランオイルは低刺激で血行促進や代謝促進作用もあること、皮膚への浸透性も高く、たとえ頭皮に付着したとしても毛穴をふさぐ心配がないことからオススメです。

整髪料を使用したら、きっちりと洗い流す

 休日など、フォーマルな場に出ないときには、整髪料を使用しないことが基本です。また、整髪料を使用した場合には、髪だけではなく、頭皮に付着した整髪料も丁寧に落としましょう。2度洗いと充分なすすぎで、「わずかな整髪料も残さない」という意識が大切です。シャンプーは習慣的かつ無意識的な動作になってしまいがちで、「いつも洗っている感じで」洗うと、整髪料の成分を洗い流しきれず頭皮に残ってしまっている可能性があります。

この習慣を続けると、どんどんと残った整髪料が蓄積されていくことになり、更に整髪料の成分も変性して頭皮への大きな刺激とダメージにつながりかねません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ