ホントに必要?「リンス」

 抜け毛対策にシャンプーは欠かせません。では、シャンプーすると必ずセットのように使用しているのがリンス。このリンスは抜け毛にどのような影響があるのでしょうか?

リンスの目的

 リンス剤の目的は、これに含まれている油分や乳化剤により、髪を保護するというもの。髪のパサつきを抑え、指どおりを良くしたり、髪の乾燥によるダメージを防ぐ効果があります。

抜け毛対策にリンスはど善?それとも悪?

 あなたの髪は、クシで整える必要があるほど長いですか?それとも、クシは不要であったり、指でささっと整えるだけで充分でしょうか?

 クシを使う必要がある場合、髪がパサついていたりゴワついていたりするとクシ通りが悪くなります。力を入れてとかすと、髪をひっぱることになり、結果として髪が抜けてしまうという可能性もあります。

 しかし、クシを使わなくても良い方であれば、リンス剤を使わないほうが良いでしょう。リンスは先にも書いたように、油分や乳化剤が含まれています。髪だけにつくように使えばよいのですが、どうしても頭皮に付着してしまいます。これが頭皮の毛穴をふさいでしまうことになると、頭皮の毛乳頭と毛母細胞が呼吸できなくなったり、皮脂の分泌が抑えられて毛穴が詰まる原因になってしまうのです。

 つまり、リンスの力を借りて髪をサラサラにしておく必要がないのであれば、抜け毛対策のためにリンスは使用しない方が得策でしょう。

どうしてもリンスを使いたい時の注意点

 髪をダメージから守るためにリンスを使う必要があれば、「できるだけ髪だけにリンスをつける」ことを意識してみましょう。髪のダメージは毛先に起こりやすいため、髪の根元を避け、毛先だけにしようします。

 また、頭皮をシャワーなどの流水で充分に洗い流し、リンス剤が残らないようにしましょう。シャンプーの成分が頭皮に残ってしまうことは頭皮の湿疹やかぶれの原因になり、抜け毛につながってしまうので、洗い流しやすい髪型(髪はできるだけ短くする)にすることも効果的な対策と言えるでしょう。短い髪は頭皮が風通しの良い状態となりムレムレを防いでくれたり、汗を拭きやすくなるので、一石二鳥にも三鳥にもなりますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ