パーマ・カラーリングは抜け毛のもと

 女性は多くの方がパーマやカラーを行ない、髪にパーマ液やカラー剤など何らかの薬液を使っていることでしょう。男性もパーマあるいはカラー、その両方しているという方も少なくないはずです。では、抜け毛にパーマやカラーはどのような影響があるのでしょう?抜け毛対策もご紹介します。

パーマとカラーは、抜け毛にどのような影響があるの?

 パーマとカラーともは1液・2液といった2種類の液体を髪に浸透させ、髪の形態や色を変化させます。髪が本来持っている形や色を薬によって強制的に変化させ、それを維持するためには、かなり強力な薬剤を用いなければなりません。この薬剤は髪の内部に浸透するため、髪に大きなダメージを与えてしまい、髪の表面をうろこ状に覆うキューティクルも荒れてしまいます。

 髪の内部深くに浸透した薬剤及び荒れたキューティクルの影響で、髪の水分や栄養分も抜けやすくなります。水分や栄養分が抜けた髪は弱く・脆くなるので、抜けやすくなってしまうのです。

 また、パーマやカラーの薬剤は髪だけではなく、必ず頭皮にも付着してしまいます。パーマでは、ドレッシングをかけるように、じゃぶじゃぶと髪と頭皮全体に薬剤をかけますね。肌の敏感な方は、薬剤の刺激で炎症が起こることも少なくなく、頭皮の肌荒れ、「湿疹」や「かぶれ」につながってしまいます。

 頭皮の肌荒れは頭皮内の毛乳頭や毛母細胞にも影響を及ぼし、新たな毛髪の生成にも影響を与えることになり、パーマやカラーの薬液により「髪は弱く・脆くなり、抜けやすくなる。でも新たな髪の生成も滞る」というダブルパンチの状態になってしまうのです。
 

パーマやカラー時の抜け毛対策

 美容室に行くと、色々な種類のパーマ液・カラー液がありますね。植物性や、水分をキープできるもの、潤いを与えてくれるものなど、髪と頭髪にできるだけダメージを与えないような薬剤の開発が進んでいます。そのため、美容師と相談し、髪にダメージを与えにくいとされているパーマ液やカラー剤を選択するようにしましょう。

 また、自分でカラーをすると、「髪だけにカラー剤を塗る」というテクニックはむずかしくなるので、できるだけ美容室でプロ(美容師)にやってもらうか、自染めの場合でも、誰か他の方に行ってもらうようにしましょう。パーマやカラー後は、トリートメントを週に1度は行うようにし、髪のダメージをできるだけ防いだり、洗髪後はしっかりと乾かすなど、髪の基本的なケアを手を抜かずに行いましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ