抜け毛対策効果は間違いなし!「頭皮マッサージ」

 ガチガチに硬くなった頭皮は血行が悪くなり、抜け毛が増えてしまいがち。抜け毛対策には、頭皮の血行を良くすることがとても大切になります。では、具体的にどのように行ったら良いのでしょう?そのポイントをご紹介します!

マッサージの目的

 頭皮の血行が悪くなると、なぜ抜け毛につながるのでしょうか?それは、血行が悪いと血液が毛髪の素になったり、毛髪に栄養を送っている毛乳頭や毛母細胞へ酸素と栄養分を届けることができなくなるため。毛乳頭や毛母細胞へ酸素と栄養分をたっぷりと送り、丈夫で抜けにくい毛髪を生産してもらうため、頭皮のマッサージをして物理的に血行をよくすることは効果があるのです。

マッサージの方法

 マッサージを行う前のポイントは、「いつやるか」ということ。基本的にいつでもOKですが、入浴時のシャンプー後がベストです。シャンプー後は、全身の血行が良くなっていることや、頭皮に適度な湿り気があるので、マッサージの効果をより高めたり、マッサージによる頭皮の過剰な刺激を和らげてくれます。

 そして注意点は、ガリガリ・ゴシゴシと強く力をこめないこと。やさしく、やさしく「ちょっと弱いかな」と思う程度の力加減でOKです。

1)左右の親指で後頭部の髪の生え際にあるくぼみ部分を押します。ここは「天柱」という抜け毛対策に効果的なツボです。このツボを親指で押したあと、その周囲を残りの指を使って軽く押して刺激します。

2)後頭部から額にかけて、順番に指の腹で軽く押します。首から額まで血液を押して順に流していくようなイメージで。これを何度か繰り返します。

3)鎖骨のくぼみから、耳の後ろにかけての方向に親指の腹でライン状に押します。毛髪の生えていない部分ですが、血液やリンパの流れを促し、頭皮へ行き渡らせます。力を入れすぎることなく、数回繰り返します。

4)こめかみから頭頂部、首の後ろから額というように、左右と前後のマッサージを繰り返します。

5)最後に10本の指で頭をつかむようにして、頭皮全体を前後左右に揺らし、揉み解します。

これをセットで毎日行ってください。また、頭皮に流れる血流が滞っていては、いくら頭皮をマッサージしても充分な効果は得られません。肩こり・背中のこり・首のこりをほぐしてからが効果的です。上半身全体の筋肉のこりをほぐすイメージで背中や首のストレッチを行ってから頭皮マッサージをすると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ