自然乾燥はNG!ドライヤーは必須アイテム

 抜け毛対策のために必須の洗髪。では、しかし、洗髪をすればそれでOKというわけではありません。洗髪後の手入れも、抜け毛対策には非常に大切なのです。では、洗髪後の抜け毛対策はどのように行えば良いのでしょうか?頭皮と髪を乾かす方法、ドライヤーの使い方についてご紹介します。

なぜ、頭皮と髪を乾かすことが必要なのか?

 洗髪をしたあと、タオル等で髪を拭いたまま自然乾燥させているという方も多いことでしょう。「ドライヤーを使うと、むしろ乾燥が進むから使いたくない」と考えていることが理由かもしれません。あるいは単に「ドライヤーは面倒・時間がない」ということも少なくありません。しかし、むしろ抜け毛対策のためにドライヤーは必ず使ってください。時間と手間をかけてでも、それを上回る効果がドライヤーに使用にはあるのです。その最大の理由は「自然乾燥が、最も頭皮と髪を傷めるため」です!

 髪は、表面全体を「キューティクル」といううろこ状の細胞が覆っています。健康な髪はキューティクルが綺麗に並び、髪内部の水分を保ってくれていますが、傷んだ状態、あるいは髪が濡れた状態では、キューティクルが開き、浮いてしまい、内部の水分がどんどん蒸発してしまいます。同時にキューティクルそもものもはがれやすくなり、はがれた部分からは水分だけではなく栄養分まで抜け出てしまい、髪全体が弱く、脆く、抜けやすいものになってしまうのです。

 そのため、「時間をかけて自然乾燥する」のではなく、一刻も早くドライヤーを使い、開いて浮いたキューティクルをもとの「しっかりと閉じた状態」に戻してあげなくてはなりません。

ドライヤーの使い方

 シャンプー後には、タオルで大まかに水分を拭き取ります。この時、どのように拭いていますか?しっかりと水分をとろうと、頭皮と髪をタオルでゴシゴシ・ワシワシとこすってはいないでしょうか?この拭き方はNGです。水分を含んで開いているキューティクルがはがれてしまいます。必ず「優しく」拭き取るようにしてください。

 具体的には、長い髪の方はタオルで挟むように水分を吸い取ります。短い方はタオルで頭全体を覆うようにしたあと、軽く押さえましょう。これで水分は十分に吸い取られます。ドライヤーは「ターボ」モードなどの一気に強く熱い風で乾かすのではなく、できれば冷風モードでじっくり時間をかけて乾かしましょう。この時、一部の髪に風が当たり続けないよう、長い方は髪をパラパラとほぐしながら乾かしたり、短い方はドライヤーを動かしながら全体にまんべんなく風が当たるようにします。

 また「髪を乾かす」という意識ではなく、頭皮も乾燥させるように心がけましょう。頭皮が濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖したり、頭皮の乾燥とフケの原因にもなります。髪先に風を当てるのではなく、頭皮と髪の根元を中心に風を当てるようにすると良いですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ