飲酒って、やっぱり抜け毛につながる?!

“適量”の飲酒は体にも良いとされ、「酒は百薬の長」とも言われています。しかし、体に良いとされるのも“適量”の場合。過度の飲酒は身体にも抜け毛対策にも悪い影響を及ぼします。
 では、抜け毛と飲酒はどのような関係があるのでしょうか?

適量の飲酒は抜け毛対策になる

 アルコールには血管を拡張させる作用があり、血行を促して血流量も増えます。そのため、頭皮への血流量も増えることになり、大切な毛乳頭や毛母細胞にも栄養や酸素が供給され、抜けにくい丈夫な毛髪が生成されることになります。

過度の飲酒で髪を生成する材料まで使われる

 飲酒をしても、次第に酔いは醒めていきますね。いつまでも酔ったままでいることはありません。これは、アルコールが肝臓にある酵素で分解されるため。
アルコールの分解には、酵素のほか、ビタミンやミネラル、そして髪の原料になるシステインが使われます。つまり、飲酒をすることで、髪の製造にまわるはずの材料が消費され、肌のつやにも関わるビタミン・ミネラルまで使われてしまうのです。
 「丈夫な髪を作りたければ、大切な材料は確保する」と考え、飲酒量はほどほどにした方が良いですね。

アルコールは皮脂の分泌過剰にも…

 アルコールはその減量が米や麦、芋、果実といった、比較的高い栄養価のものから作られています。そのため、糖分も多く、高カロリーです。糖分は摂りすぎると、体内で脂質の形で貯蔵されます。アルコールを摂りすぎると、血液は糖分が多くい状態になるだけでなく、血中の脂質も上昇することになり、毛穴から皮脂が多量に分泌されてしまいます。

 皮脂の分泌量が多いと、毛穴の周辺に皮脂が溜まることになります。それがやがて毛穴を詰まらせたり、皮脂の酸化や皮脂を栄養源にして細菌が繁殖することにより臭いのもとになることも…。毛穴のつまりや細菌の繁殖は、毛乳頭や毛母細胞が丈夫な髪を育てるために最適な環境とは言えませんね。飲酒は「ほどほどに」した方がよいに越したことはありません。そして、「宴会で多量に飲酒をして深夜に帰宅。風呂も入らずに寝た」は皮脂の分泌が多量になっているのに放置ということですから、眠くても疲れていても、洗髪は忘れずに…。

サブコンテンツ

このページの先頭へ